世界の最先端を行く、日本の工業技術。日々さまざまな新しいテクノロジーが誕生し、磨きあげられています。そして生み出される豊富な工業製品は、すばらしく豊かな社会と、しなやかな文化を育てあげました。
また、高度に発達した産業システムは、数多くの科学者と技術者によって作られた幾本もの大きな柱によって支えられています。その中心部に位置するひとつが「測定技術」なのです。
かつて、大量生産の時代にあって「精密測定」は主に研究・検査の分野でのみ、重要なものとしてとらえられていたにすぎませんでした。
しかし、近年の工業社会の熟成によって起こされた、第2の産業革命ともいうべき少量多機種生産時代により、NCシステムの多目的使用や、カンバン方式に代表される高スペックなニーズに応えるため、個々の製品が、極めて高レベルの精度で仕上げられていなければならなくなりました。
「抜取り検査」の 時代から、「全品検査」へと大きく測定のニーズは広がったのです。
また、産業ロボットをはじめとする最先端の生産システムへのオンラインシステム化や、制御装置の重要なエクイップとして、測定システムは、そのテリトリーを立体的に拡大しながら発展を続けています。
こうした産業界の動きに、UNOは1952年の創業より約半世紀、精密測定機器の取扱いに特化した商社として産業発展に貢献してまいりました。科学技術が進歩し産業システムの発展になくてはならぬツール、それが精密測定機器であり、なくてはならぬマザーツール(母体技術)であります。
時代と共に多様化、高度化するユーザーニーズを的確にとらえ精密測定機器のサプライヤーとしての専門性をより高めると共に次代の技術革新に対応できるよう、更に尽力を重ねてまいります。
存在価値のある「インテグレート企業UNO」を目指して。









Copyright(C)2005-2007 UNO.,Inc All Rights Reserved.